自分にあったスキンケアと化粧品選び

肌の仕組みとベーシックスキンケア

 さきほどの肌の仕組みとベーシックスキンケアのページで肌の質には遺伝的要素が強いというふうに述べました。
 つまり、お母さんとの肌質は似ているという場合があります。
 参考:肌の仕組みとベーシックスキンケア
 ただ、あなたの友人とあなたは全く違う肌質である場合のほうが多いため、同じスキンケアを実践して、同じようにキレイになれるとは限っていません。
 つまり、肌のタイプがひとりひとり違うため、ひとりひとりのスキンケアが必要ということになってきます。

 

 簡単に肌タイプを整理しておきますと、肌質のタイプはまず皮脂分泌の多い脂性肌、皮脂分泌が比較的少なめの乾燥肌に大きく分かれます。
 ただ、おでこや鼻の頭は脂っぽいいけど、頬の部分は乾いているという人も多いはず。実は多くの人が脂性肌と乾燥肌を併せ持つ混合肌なのですね。さらに、年齢や季節的な要素、また女性の場合は生理周期や体調の変化などによって大きく左右されるます。
 つまり、私の肌のタイプというのを断定することは難しく、「私の今の肌の状態」というのが適切でしょう。

 

肌チェックで自分の肌質を知る

 だから、その時時に応じて、自分の肌状態を適切に把握するのはとても大切なことです。しかもそれはあなた自身しかできないことです。
 もし、自分の肌の状態が全くわからないという方は、肌チェックをしてみてください。
 朝・昼・夜と短いサイクルをとってみても肌の状態の変化が見られるので、1日3回チェックすることです。
 自分の肌の状態がわかれば、それに応じて化粧品が選べます。
 冒頭にも述べましたが、肌の状態が1日の中でも全く違うわけですから、あなたの美人の友人が使っている化粧品があなたにも合うと限っていないわけです。

 

 自分に合うベストな化粧品は自分で見つけるしかありません。そして、自分の肌質を把握しておくことこそが、美肌づくりに重要な第一歩なのです。